がんの痛みは我慢しないこと


がんの痛みは我慢しないこと

がんが完全に治らないと、多くの人が痛みをかかえます。

しかし、それをとり除く治療法は確立されているので、
がまんする必要はありません。

がんになると、多くの人が痛みを感じ、
その痛みは中程度~高度であるといわれています。

早い時期から痛みを感じる人もいれば、
症状が進んでから出る人もいます。

再発時ではすでにがんがある程度広がっていることが多く、
痛みを伴うことがあります。

再発した場合、状況によってはがんの治療よりも
痛みをとり除く治療が優先されることもあります。

はげしい痛みが1日じゅう続くと、
十分な睡眠がとれなかったり、
食欲も低下、ストレスによって抵抗力も落ちるなど、
がんに立ち向かう体力も消失することがあります。

QOL(生活の質)は著しく低下するでしょう。

がんの痛みは、基本的にがまんする必要はありません。

適切な治療によってほとんどが消失、
あるいは軽減するからです。

具体的な治療法は、WHO(世界保健機関)により、
痛みの強さに応じて3段階で行うように示されています
(3段階疼痛ラダー)。

各段階で使用される薬が決まっており、
段階が上がるにしたがって強い薬を組み合わせることになります。

この方法で8~9割の患者さんの痛みをとることができます。

最初から強い、あるいは中程度の痛みがある場合は、
第2・第3段階の鎮痛薬による治療から
スタートすることもあります。

第2~3段階になると、モルヒネなどに代表される
「医療用麻薬(オピオイド)」が使われます。

医療用麻薬とは、法律で医療用に
使用が許可されている麻薬のことです。

大麻などの"違法麻薬"とはまったく違います。

医師の管理のもとに正しく使用すれば、
麻薬中毒や依存症になることもありません。

近年、日本では第3段階で使用される強オピオイド製剤として、
従来のモルヒネのほかに、オキシコドン、
フェンタニルの3種類が使用可能になりました。

また、いろいろな投与方法があり、
患者さんの痛みや体の状況に合わせて、
最適と思われる強オピオイド製剤を、
適した方法で投与するなど柔軟な対応も可能になっています。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式