在宅ホスピスのしくみ


在宅ホスピスのしくみ

在宅ホスピスとは、終末期の患者さんを
住みなれた自宅でケアすることです。

新聞の世論調査などによると、
がんなど不治の病気になった場合、
最期を過ごす場所として
45~6Oパーセントが在宅、
25~35パーセントが病院、
10~2Oパーセントがホスピスを希望しています。

しかし、現実にはこうした希望はかなえられていないようです。

つまり半数のがんの患者の場合、
94パーセントが病院で最期を迎えているのが実情です。

つまり半数の人たちが、自宅での看取りを望んでいながら
病院で亡くなっているのです。

ターミナル期の患者さんがどこでケアを受けるか、
ということは本来は当然患者さんが決めるべきことなのですが、
残念ながら現実はそのようにはなってはいません。

在宅ケアを支えるためには、
訪問診療(往診)をしてくれる医師、
訪問看護してくれる看護師の存在が必要です。

そのような医師、看護師は日本ではまだまだ多くはありません。

しかし最近は徐々に増えてきていることも事実です。

自治体、保健所、訪問看護ステーションなどに
問い合わせてみましょう。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?




----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式