膵臓がんで起きやすい痛み


膵臓がんで起きやすい痛み

・上腹部や背中の痛み

 膵臓がんはさまざまな原因により痛みが生じる。
 
 まず、膵臓が腫れて膵臓を包んでいる膜が
 伸びることによって生じる痛み。

 腹部の左側に痛みを感じることが多い。

 次に、がんが大きくなり、
 膵液を十二指腸に送る膵管が狭くなったり、
 ふさがってしまうことによって生じる痛み。

 膵管の中に膵液がたまると、その部分の内圧が上がり、
 周囲を圧迫するために痛みが生じる。

 特にほかの臓器から膵臓に転移したがんが急速に大きくなると、
 急に内圧が上がるので強い痛みが現れる。

 3つめは、膵液が吸い臓自体を消化しようとする痛み。
 このときに痛みを発生させる物質が産生される。

 また、内臓神経叢を巻き込んだときの痛みは、
 神経障害性疼痛の代表。

 膵臓は胃の裏側にある臓器のため、
 上腹部だけでなく背中にも痛みが現れる。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式