■ステージ別の膵臓がんの治療方針

膵臓がんの治療方針は、ステージ(病期)診断に基づいて、「膵癌診療ガイドライン(日本膵臓学会)」を参考に、患者さんとの十分な話し合いのもと、最適な治療を選択するのが通常です。

膵臓がんに対する治療は主に「膵癌診療ガイドライン」に沿って行われることが一般的ですが、患者さんの年齢や既往症、基礎疾患などの全身状態を考慮して選択されます。

手術治療や抗がん剤治療にはある程度の体力が必要となります。治療前の全身状態によっては緩和医療がよい選択であることがあります。

治療アルゴリズムでは、ステージ別に手術治療、化学放射線療法(抗がん剤と放射線の併用療法)、化学療法の治療が推奨されています。

■外科治療(手術)

膵臓がんの治療の中では最も確実な治療法となります。がんを含めて膵臓と周囲のリンパ節などを切除する方法です。

手術の対称となるのはステージ0、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳaの症例の一部となります。膵臓周囲の重要な血管に浸潤がなければ、手術治療が第1選択となります。しかし、膵臓周囲の重要な血管に浸潤が疑われても切除可能なことがあります。その際は血管の合併切除などが必要になる場合があります。

がんの存在する場所によってさまざまな手術方法があります。大きく分けると膵頭部領域にがんがあれば、「膵頭十二指腸切除術」が選択されます。がんが膵臓の体部から尾部にあれば、「尾側膵切除術」になります。

転移の可能性のあるリンパ節を同時に切除します(リンパ節郭清)。通常は第二群リンパ節まで切除しますが、一部の悪性度の低い腫瘍の場合は第一群リンパ節までの切除になります。また、術後に「抗がん剤治療」を組み合わせる場合があります。

がんに対する治療を目的とはせず、症状を和らげることを目的とした手術治療もあります。がんによって胆管が閉塞したり黄疸になったり、消化管が閉塞したり狭窄したりして
食べ物が通らない場合のバイパス手術です。

症状にあわせて、胆管と空腸を吻合したり、胃と空腸を吻合することにより、症状緩和や経口摂取が可能となったりします。

■化学療法

化学療法はステージⅣaの一部、Ⅳbが対象となります。ステージⅣaは手術可能な場合と不可能な場合とに分けられます。手術でがんを取りきること(根治切除)ができないと判断された場合は化学療法を行います。

現在は塩酸ゲムシタビン(ジェムザール)、TS-1、エルロチニブ塩酸塩という薬が主に膵臓がんに使われています。それぞれを組み合わせて使用する場合もあります。以前と比べて抗がん剤の選択肢も増えつつあります。医師とよく相談をして治療法の選択をしていきます。

■放射線治療

切除不能であると判断された膵臓がんに対して放射線治療を行うことがあります。多くは抗がん剤を併用して行います。放射線治療によってがんの縮小効果や症状緩和効果が期待できます。

・・・

がん治療に悩んだら・・・

「がん治療のガイドブック」を無料でプレゼントしています。

詳しくはこちら

がん治療で「絶対に」やってはいけないことは?