放射線治療について

がん治療で使われる放射線の単位「Gy(グレイ)」とは


がん治療で使われる放射線の単位「Gy(グレイ)」とは

放射線治療では、よく「Gy(グレイ)」という単位が使われます。

これは、放射線の吸収線量の単位です。

1Gyとは、1kgあたり1J(ジュール、熱量の単位。

1Jは約0.23cal)のエネルギーを吸収したときの
放射線量のことです。

この単位は、「1回2Gyの放射線を1日1回、5週間
(実際には、1週間とは月曜日から金曜日までの5日間)
照射する」といった具合に使われます。

この場合、治療期間中に用いられる放射線量の合計(総線量)は、
1回2Gy×25回(5日×5週間)=50Gyとなります。

1回にどれだけの線量を照射するか、
総線量をどのくらいにするかは、
患者さんの状態によって異なります。


・・・

なぜ、がんを治せる人が少ないのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポートで!

がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


 がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト




関連記事

がんの放射線療法(放射線治療)の目的
がんの放射線療法(放射線治療)の目的 放射線を照射することにより、 がん細胞の...
がん治療に使われる放射線の量(被ばく量)とは
がん治療に使われる放射線の量(被ばく量)とは 放射線の量を計算するとき、 使わ...
陽子線によるがん治療が可能な病院と効果が見込めるがんの種類
陽子線によるがん治療が可能な病院と 効果が見込めるがんの種類 陽子線は比較的小...
がんの放射線治療方法「サイバーナイフ」とは
がんの放射線治療方法「サイバーナイフ」とは 定位放射線治療の最前線には、 サイ...
がんの放射線治療で最も一般的なライナックとは
がんの放射線治療で最も一般的なライナックとは ふつう、「放射線をかける(照射す...
がんの緩和ケアで使われるべき放射線治療
がんの緩和ケアで使われるべき放射線治療 たとえば、肺がんや乳がんが背骨に転移し...
日本には少ない放射線専門の放射線腫瘍医
日本には少ない放射線専門の放射線腫瘍医 アメリカにはおよそ5000人の放射線腫...
扁平上皮がんのほうが放射線治療が効きやすい
扁平上皮がんのほうが放射線治療が効きやすい 放射線治療が効くか効かないかを 判...
放射線治療が効きやすいがんと効きにくいがん
放射線治療が効きやすいがんと効きにくいがん 細胞分裂がさかんなほど放射線は効果...
がん細胞に放射線が効くしくみ
がん細胞に放射線が効くしくみ 放射線はなぜ、がん細胞をやっつけることができるの...

プロフィール

がん治療専門のアドバイザー、本村ユウジです。
私は身内を4人、がんで亡くして以来、がん患者さんを支援する活動を続けています。
がん治療で「何が正しいのか分からない・・・」とお悩みのかたはこちらへ。
本村ユウジ公式サイト

RSS登録

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Googleに登録
  • はてなRSSに登録
  • lvedoorリーダーに登録
  • エキサイトリーダーに登録

がんと正しく闘うための
ガイドブックを

無料でプレゼント!!

詳しくはこちらをクリック♪

がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式サイト

文字サイズ変更