がん治療で使われる放射線の単位「Gy(グレイ)」とは


がん治療で使われる放射線の単位「Gy(グレイ)」とは

放射線治療では、よく「Gy(グレイ)」という単位が使われます。

これは、放射線の吸収線量の単位です。

1Gyとは、1kgあたり1J(ジュール、熱量の単位。

1Jは約0.23cal)のエネルギーを吸収したときの
放射線量のことです。

この単位は、「1回2Gyの放射線を1日1回、5週間
(実際には、1週間とは月曜日から金曜日までの5日間)
照射する」といった具合に使われます。

この場合、治療期間中に用いられる放射線量の合計(総線量)は、
1回2Gy×25回(5日×5週間)=50Gyとなります。

1回にどれだけの線量を照射するか、
総線量をどのくらいにするかは、
患者さんの状態によって異なります。


・・・

なぜ、がんを治せる人が少ないのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポートで!

がんを完治させるための5つのルール



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式