がんの放射線治療と抗がん剤治療の同時使用


がんの放射線治療と抗がん剤治療の同時使用

現在、臨床の現場では多くの進行がんに対して
放射線治療と抗がん剤の併用療法(化学放射線療法)が
盛んに行われています。

従来は抗がん剤が良く効く悪性リンパ腫、
小細胞肺がんを中心に治療がなされてきましたが、
抗がん剤の進歩により、最近では進行頭頚部がん、
食道がん、非小細胞肺がん、子宮頸がん、すい臓がんなどの
標準治療の1つとなってきています。

また抗がん剤の副作用に対する対策、
たとえば有効な吐き気止めの開発、
白血球を短期間で上げる薬剤の開発も
この治療の展開に大きく貢献しました。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式