がん細胞に放射線が効くしくみ


がん細胞に放射線が効くしくみ

放射線はなぜ、がん細胞をやっつけることができるのでしょうか。

放射線は生き物の細胞を殺す作用をもっています。

「細胞分裂がおきるときは、
 まず細胞の核のなかにある染色体が2つのコピーをつくる」のですが、
コピーをつくっている最中の染色体は、ひどく不安定な状態にあります。

このときに放射線があたると、
正常なコピーをつくれなくなり、細胞そのものも死んでしまうのです。

この作用はがん細胞にも正常な細胞にもおこります。

しかし、細胞分裂のときに最も作用するということは、
当然、細胞分裂のさかんな細胞のほうに大きく作用することになります。

つまり、がん細胞のほうが、
正常細胞より放射線の影響を強く受け、死んでしまうのです。

逆に、正常な細胞でもさかんに細胞分裂を行う細胞は、
やはり放射線の作用を強く受けます。

放射線で白血球が減るのは、
骨のなかの骨髄にある幹細胞というさかんに分裂する細胞がやられ、
白血球がつくられなくなるからなのです。

その一方で、正常な細胞は放射線でダメージを受けても、
そのダメージから回復する力をもっています。

しかし、がん細胞にはそうした回復能力が乏しいのです。

つまり、正常な細胞とがん細胞との間に
放射線に対する反応の違いがあることが、
放射線治療の土台になっているというわけです。

放射線を毎日かけることで、
その差はさらに大きくなっていきます。

そのうえ、コンピュータ技術などの急激な進歩は、
「がん細胞とその周辺だけに放射線をかけること」を可能にしました。

もしがん細胞だけに放射線をかけることができて、
正常な細胞にまったく放射線がかからなければ、
当然、副作用は一切ありません。

どんなにたくさん、どんなに長く放射線をかけても、
問題がないはずです。

実際には、正常な細胞にもどうしても放射線がかかってしまうので、
「いくらでも」というわけにはいかず、
副作用を見ながら治療を続けることになります。

それでも、今では昔とは比べものにならない正確さで、
放射線をがん細胞に集中させることができるようになっています。

こうした技術革新によっても、放射線治療は
がんという病気に効果がある治療法となってきたのです。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式