放射線治療が効きやすいがんと効きにくいがん


放射線治療が効きやすいがんと効きにくいがん

細胞分裂がさかんなほど放射線は効果があるので
細胞分裂がさかんかどうかが、
放射線治療が効くかどうか目安です。

ただ、がん細胞はふつう正常な細胞より分裂がさかんですが、
細胞の種類によってその程度はずいぶん異なっています。

がんの性質を表す言葉に、「高分化型」と「未分化型」があります。

がん細胞は胃がんなら胃、脳腫蕩なら脳というように
発生した臓器や器官の性質を必ずもっているものですが、
その性質がどのくらいはっきりしているかを分化度とよびます。

たとえば、胃がんの細胞が粘液をつくり出すくらい、
胃のもともとの細胞に似ているようなら「高分化型」ですし、
もともとの細胞とは似ても似つかないようなら
「未分化型」に分類されます。

この分類は、放射線治療が有効かどうかのひとつのポイントとなっています。

「高分化型」のがん細胞は、もともとの細胞に近いため、
性質もおとなしく、細胞分裂もさかんではありません。

ですから、放射線も効きにくくなっています。

反対に、「未分化型」はもともとの細胞のなかでは暴れん坊です。

どんどん分裂をくり返し、放射線が有効というタイプが多いのです。

ただし、「未分化型」のがんは転移しやすいため、
放射線をかけてがんが消えても、すでに転移していて完治しなかった、
ということもあります。

悪性リンパ腫、白血病、多くの小児がんなどはこのタイプで、
治療としては抗がん剤と放射線を組み合わせる必要があります。

がん細胞のタイプは、手術や生検(組織の一部を採取すること)で
とった組織を病理検査に出せば、すぐわかります。

放射線をかける前に、効果がだいたい予測できるということです。

また、転移しやすさや再発の可能性についても、
ある程度はあらかじめわかります

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式