がんの緩和ケアで使われるべき放射線治療


がんの緩和ケアで使われるべき放射線治療

たとえば、肺がんや乳がんが背骨に転移したとき、
今はモルヒネという鎮痛剤で痛みをとることができますが、
がんが脊髄を圧迫すると、
脚に麻痺が出て動かせなくなってしまうことがあります。

そういうとき、患者さんが受けられる治療は
放射線しかありません。

事実、こうしたケースでは放射線治療を行うことで、
麻痺がとれることがよくあります。

がんの終末期にある患者さんにとって、
それは大きな意味をもっているのです。

ところが現状では、そういう患者さんが
ホスピスなどに行くと、設備がなく、
放射線治療を受けられないこともあります。

終末期になってしまうと、
放射線をかけても完治はありえません。

しかし、人生の最期の時間をできるだけ苦しみや
痛みがなく過ごせるかは、非常に重要なポイントです。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式