がんの放射線治療で最も一般的なライナックとは


がんの放射線治療で最も一般的なライナックとは

ふつう、「放射線をかける(照射すること)」ときは、
文字どおり、体の外から放射線をあてる方法、
つまり「体外照射」を意味します。

ごく身近な例としては、
レントゲン検査も体外照射のひとつです。

治療用の装置としては、以前はコバルト60遠隔治療装置という
ガンマ線(放射線の一種)を使った装置が主流でしたが、
今は「直線加速器」という装置が主流になり、
多くの病院で使われています。

装置の名前を短縮してLINACといいますが、
日本語ではライナックとよばれたり、
リニアックとよばれたりしています。

ライナックで使われる放射線は、X線と電子線です。

今のところ、医師が「放射線治療をする」という場合、
多くはこのライナックを使った治療を意味しています。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式