がんの放射線療法(放射線治療)の目的


がんの放射線療法(放射線治療)の目的

放射線を照射することにより、
がん細胞のDNAに直接作用して、
細胞が増殖する能力を低下させます。

がん治療に用いられている放射線は、
X線、γ戦、電子線が主で、
陽子線や重粒子線が研究段階で使われています。

放射線治療は、次の2つの目的で行われます。

①治癒目的の治療(根治治療)

がんを根本的に治してしまうことを目的に、
放射線療法が行われます。

その場合、放射線療法単独で行うだけでなく、
手術療法その他と組み合わせて放射線療法が行われます。

その場合に次のような組み合わせ方が行われています。

(1)放射線治療単独で、または抗がん剤と併用して行う治療
(2)手術の前、または手術後に行う治療
(3)手術後の再発に対する治療
(4)全身照射:骨髄移植前に、また白血病の再発を減らすために行われる
(5)術中照射:手術中に、がん組織に直接放射線を照射する方法


②症状緩和目的の治療

がんを治すことが目的ではなく、
放射線照射によって腫瘍を縮小し、
痛みその他の苦痛な症状を緩和する目的で
放射線療法が行われます。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法も活用すれば・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式