がんの放射線治療の費用は安いのか高いのか


がんの放射線治療の費用は安いのか高いのか

放射線治療には「高い治療」というイメージがあります。

たしかに、放射線治療に使う機械は
いかにも高そうですし(実際にたいへん高額です)、
まして、陽子線治療など、
「数100万円もかかって保険もきかない」と思っている
患者さんは少なくありません。

がんを治す効果があって、副作用が少ないとはいえ、
放射線治療にはいったいどのくらいお金がかかるのか、
という点は大きな関心事です。

ところが、日本の放射線治療の治療費は意外にも安価です。

治療法によって違いはありますが、
一般的なライナックでの治療は1回1~2万円弱です。
これは全額自己負担の料金ですから、
3割負担なら約3000円~6000円ということになります。

3割負担でいちばん標準的な治療を受けたとしても、
トータルの治療で10~15万円程度です。

しかも、外来で通院して行うことができますから、
入院費もかからない場合が多いのです。

また、高額療養費制度がありますので、
それを利用すれば、収入によって金額が異なりますが、
一部が還付される場合もあります。

多くの場合、自己負担額が10万円を超えることは少ないのです。

これはほかの国と比べても、たいへん低い水準です。

たとえば、アメリカでは放射線治療の費用が高く、
医療保険(健康保険制度のないアメリカですから、
民間の保険に自分で入ります)に加入していない患者さんは、
受けられないこともあります。


ほかの治療と比べても、その安さは歴然です。

たとえば、胃がんで胃を切除する手術が3割負担でだいたい20万円、
脳腫瘍の手術で30万円弱です。
加えて、麻酔や術前術後の点滴などの処置にもお金がかかります。
もちろん、入院費もかかります。

抗がん剤治療はそもそも高額な治療ですが、
そのうえ、治療の副作用を和らげるための薬代もかかります。

もちろん、保険の適用されていない薬を使えば、
費用はさらに天井知らずです。

事実、放射線治療全体の年間売り上げは450億円ほどですが、
これはリューブリンというたったひとつの抗がん剤の
売り上げより、はるかに少ない金額です。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式