保険が効かないがんの放射線治療とは


保険が効かないがんの放射線治療とは

同じ放射線治療でも、
例外的に保険がきかない治療法もあります。

強度変調放射線治療(IMRT)は、
2008年から前立腺がんと頭頚部がん、
脳腫瘍に保険がきくようになりましたが、
その他のがんについては全額自己負担となります。

ただし保険がきかない場合でも、
専門医が常勤し先進医療として
認可されている病院であれば、
IMRTの先進医療分(約70~80万円)
は全額自己負担ですが、
一般的な放射線治療分(約60万円)は
3割の自己負担ですみます。

一方、陽子線治療と重粒子線治療は、
がんの種類を問わず全額自己負担となり、
300万円前後の治療費が必要になります。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式