前立腺がんの治療に使われる強度変調放射線治療(IMRT)


前立腺がんの治療に使われる強度変調放射線治療(IMRT)

現在、強度変調放射線治療(IMRT)が
最もよく行なわれているのが前立腺がんです。

前立腺がんは直腸を取り巻くようにして
広がることが多いのですが、
直腸は放射棋に弱いため、
通常の外部照射では直腸出血などの
副作用が起こりやすくなります。

その点、IMRTならば、直腸への線量を抑えながら
前立腺に大量の放射線を照射できるため、
副作用のリスクを減らしながら、
高い治療効果を得ることができます。

実際、直腸出血が起こる頻度は、
通常の外部照射の場合は約10%ですが、
IMRTでは2%と大きく低下します。

また、治療成績については、
京都大学医学部がIMRTの治療を始めてから
3年間の調査によると、
43人中1人が別の病気で死亡したほかは、
全員が3年間再発することなく生存しています。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式