前立腺がんの放射線治療について


前立腺がんの放射線治療について

放射線が効きにくい腺がんのなかにあって、
放射線感受性が良好ながんの一つです。

これまで日本では、
手術や内分泌(ホルモン)療法が主体でしたが、
欧米では以前から手術とならぶ根治的治療法として
認識されていました。

しかし近年は、日本でも放射線治療が、
根治的治療法の一つと
考えられるようになってきています。

また、一般の外部照射だけでなく、
強度変調放射線治療(IMRT)や
密封小線源治療、粒子線治療など
新しい放射線治療が積極的に行なわれていて、
放射線治療の選択肢が多いのも特徴です。

最近は、密封小線源治療の比重が高まりつつあります。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式