前立腺がんの「外部照射」放射線治療の副作用


前立腺がんの「外部照射」放射線治療の副作用

もっとも注意が必要なのは、
治療後半年以上経過したときに起こる直腸出血ですが、
IMRTや三次元原体照射など、
三次元治療計画による照射では
重症化することはまれです。

しかし、二次元治療計画による
照射で総線量が70グレイを超えると、
輸血などが必要になる場合も出てきます。

そのほか急性則の副作用として下痢や頻尿、
肛門周辺の皮膚炎などが起こることがありますが、
これらは対症療法で治ります。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式