前立腺がんの「密封小線源治療(ブラキセラピー)」とは


前立腺がんの「密封小線源治療(ブラキセラピー)」とは

前立腺がんの密封小線源治療には、
ヨウ素125による低線量率照射(永久刺入法)と、
イリジウム192による高線量率照射があります。

ともに根治を目的として行ないますが、
低線量率照射が主に単独で行なわれるのに対して、
高線量率照射は外部照射との併用が多いようです。

これは、低リスク群の患者さんには
低線量率照射が選択されることが多いのに対して、
高線量率照射は中リスク群の患者さんが
比較的多いためです。

どちらの場合も、
中リスク群以上の治療では
外部照射が併用されます。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式