前立腺がんの「密封小線源治療(ブラキセラピー)」の副作用


前立腺がんの
「密封小線源治療(ブラキセラピー)」の副作用

治療後、最初の排尿のときに
かなりの不快感がありますが、
翌朝には元に戻ります。

人によっては尿が出ないこともありますが、
これもすぐに治るので問題ありません。

しばらくたっても尿が出ないようなら、
医師や看護師に伝えましょう。

なお、治療前から頻尿など尿路系の症状がある人は、
治療によってそれらの症状が強まる可能性があります。

治療後半年以降にあらわれる晩期副作用としては、
まれに尿失禁や直腸潰瘍、勃起不全などがみられます。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式