前立腺がんでは放射線治療が治療の主役に


前立腺がんでは放射線治療が治療の主役に

前立腺がんは、
日本では手術をすすめられることが多いけれども、
早期なら、放射線治療で切らずに治せる
可能性が高いがんです。

それどころか、前立腺がんは数あるがんのなかでも、
放射線治療の最新治療が好成績をあげているがんです。

強度変調放射線治療(IMRT)、密封小線源治療、
陽子線治療など、多様な治療法が実績を上げています。

なかでも、患者さんの体への負担が少なく、
入院期間が数日間と短く、
さらに、陽子線治療ほど治療費が高くない
密封小線源治療は、主役になりつつあります。

アメリカでは早期前立腺がんの治療法として
広く普及していますが、
日本では放射線に対する規制が世界一厳しい関係で、
この治療が行えない状態が長く続きました。

ヨウ素125という線源(アイソトープ)による治療が
ようやく認可されてから、
密封小線源治療が受けられる病院が飛躍的に増えました。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式