がんの粒子線治療の課題


がんの粒子線治療の課題

この治療は局所治療なので、全身に転移した
Ⅳ期のがんには適応しません。

また、原則として照射範囲があまり広くない病巣に対して
行われるものなので、広範なリンパ節転移が
認められれば適応は困難です。

治療に際しては、一般的な放射線治療に比べて、
治療計画に多くの日数がかかることがあります。

また、日本では歴史が浅いため、
治療を行っている施設は全国に6カ所しかありません。

今後、さらに数カ所の施設建設が予定されていますが、
まだまだ少ないのが現実です。

さらに、粒子線治療の設備はかなり大規模で
維持費もかかるため、医療費が高額です。

たとえば、国立がんセンター東病院で行っている陽子線治療は、
2001年夏に高度先進医療の適用が認められましたが、
それでも一連の治療費として
288万3000円が自己負担になります。

・・・

なぜ、がんを治せる人が少ないのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポートで!

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式