塩化ストロンチウムを使った放射線治療とは


塩化ストロンチウムを使った放射線治療とは

2008年6月から全国約10施設で始まった
放射線治療の1つに、放射性医薬品の
「塩化ストロンチウム(Sr-89)」
(商品名:メタストロン注)を使った、
骨転移による癌性疼痛の緩和治療があります。

ストロンチウム-89という放射線を出す物質
(アイソトープ)が骨転移部にとどまり、
その放射線によって痛みを和らげる治療法です。

これは核医学分野との共同治療になりますが、
他にヨウ素125シード線源による
前立腺がん密封小線源治療が泌尿器科との
共同であるように、これからは放射線治療も
他科との密接な連携が非常に大事になってくると
言えるでしょう。


・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式