最新のがん放射線治療に関する問題


最新のがん放射線治療に関する問題

2009年現在、最新の放射線治療であるIMRTを
導入している施設は、
全国で約600あるがん治療施設の中で、57ヶ所です。

そのうち、保険請求できるだけの十分な数を
こなしている施設は、実は37に過ぎません。

保険適用になり、普及が加速するかというと、
決してそうではありません。

その1番の原因は、診療点数の低さに基づく
医療経済面の効率の悪さです。

これは現在の放射線治療現場にとって、
非常に深刻な問題となっています。

言うまでもなく、IMRTをはじめ
最新の放射線治療装置は非常に高価です。

そして、1回の治療に要する時間も
従来の放射線治療装置に比べて約6倍かかります。

診られる患者の数もおのずと制限されるのです。

そうした中で、現在の保険点数制度では、
施設としていくら積極的に治療しようとしても、
経営的にまったくペイできません。

つまり、非常に割に合わない治療になってしまうのです。

せっかく最先端の高精度治療が実現できても、
その治療自体が維持できないのです。

施設の多くはそうしたジレンマを抱えながら、
患者さんのニーズにできるだけ応えたい思いで、
歯をくいしばって診療を行っています。

その結果、現場の疲弊が進んでいるわけです。

本来質の高い治療が提供できるはずの高度放射線治療が、
やりたくてもできない悪循環にはまっているのです。

・・・

がんを、どうしたら治せるのか!?

がん治療の真実と、
治すための【5つのステップ】とは?

詳しくはこちらの無料レポート

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式