がんの最新治療法「粒子線治療」の詳細


がんの最新治療法「粒子線治療」の詳細

「粒子線治療」というと、
多くの方は「巨大な装置を使い、高額な治療費がかかる」
というイメージを持っています。

たしかに、巨大な装置は天文学的に高く(およそ100億円)、
治療費も300万円を超えます。

それでも、最近は民間の任意保険が使えるケースも増え、
必ずしも手の届かない治療ではなくなってきました。

粒子線治療とは、陽子や炭素の原子核などの
粒子(原子をつくっている物質)を、サイクロトロン、
シンクロトロンという加速器で加速して、
がんなどの病巣にぶつける治療法です。

こうした粒子の流れ(粒子線)は同じ放射線でも、
X線や電子より質量が大きくて重く、
物質に与えるエネルギーもたいへん大きいのです。

粒子線治療は用いる粒子によって、陽子線治療、
重粒子線治療、パイ中間子治療などとよび方が変わりますが、
世界各国で行われており、研究も進められています。

今、日本で治療に使われている粒子線は、
陽子線と炭素線のふたつだけです。

陽子線治療では、陽子(水素原子の原子核)を加速して、
高速にしたものを、がん細胞めがけてぶつけます。

炭素線治療(重粒子線治療)では、炭素原子の原子核を
加速して、高速にしたものをぶつけます。

この炭素線治療と重粒子線治療の名前には、
ちょっとした混乱があります。

日本で最初に炭素線による治療を行った
放射線医学総合研究所(千葉県)で、
「重粒子線治療」という名前を使ったため、
炭素線治療と重粒子線治療は別なもののように
思われてしまったのです。

しかし、日本で「重粒子娘治療」というと、
今のところ「炭素線治療」しかありませんので、
このふたつは同じ治療を意味しています。

「粒子線治療」の特徴は、すでに述べたように、
IMRT以上のピンポイント性と、
X線の効かないがん(放射線抵抗性がん、たとえばメラノーマというほくろのがん、
悪性肉腫など)にも効くことです。

とくに炭素線による治療が有効な成績をあげています。

X線は体の表面近くでエネルギーが最大になり、
その後、体の内部に進むにしたがって徐々にエネルギーが減っていきます。

そのため、体の奥深くにあるがんには
高いエネルギーが届きにくいという欠点をもっています。

これに対し、粒子線は体のなかをある程度進み、
止まる直前に大きなエネルギーを放出して、
そこで消えてしまうという性質をもっています。

このようにエネルギーが最大になるピークを
「ブラッグピ1ク」といいます。

この「ブラッグピlク」を利用するのが、
粒子線治療(陽子線治療、重粒子線治療)です。

体の表面から、体内にあるがん細胞までの距離を計算して
照射口の位置を決め、
ちょうどがんのある位置で
ブラッグピークになるように設定します。

がんのところで最大のエネルギーを
発せさせようとするわけです。

さらに、粒子線は、がんの手前では
エネルギーをあまり発しないため、
正常な組織を傷つける可能性が少なく、
また、粒子線はブラッグピークで消えてしまうので、
がんのうしろ側の組織を傷つけることもありません。

IMRTはX線による究極のピンポイント治療ですが、
それでも、がんのすぐとなりに放射線に弱い
組織があると使えない場合も少なくありません。

「粒子線治療」はそうしたケースでも使える可能性が高く、
がんにたいへん向いた治療法だといえます。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式