最新のがんの放射線治療で使われる放射線とは


最新のがんの放射線治療で使われる放射線とは

最近は、陽子や中性子などの
大きな粒子を持つ放射線治療が進められるようになりました。

放射線治療に使われているのは電子より重い粒子で、
陽子、中性子、炭素の重イオンなどがこれにあたりますが、
物質に与えるエネルギーは粒子の重さに比例するので、
これらの大きな粒子はたいへん大きなエネルギーを発します。

最近、がんの最新治療として「陽子線治療」とか
「重粒子線治療」という名前を耳にすると思いますが、
こうした最新治療は、まさにこれらの重い、
エネルギーの大きな粒子を加速して、
がんにぶつける治療法です。

粒子線による治療は、従来のX線と比べて、
ふたつの大きな特徴をもっています。

ひとつは、エネルギーの大きな放射線を
狙った場所に集中することができ、
まわりの組織にほとんど影響を与えないこと、
もうひとつは、X線の効かないがんに効果があることです。

日本では「陽子線治療」が全国数カ所の施設で行われているほか、
さらにエネルギーの大きな炭素線を使った「炭素線治療」も、
千葉県の放射線医学総合研究所と、兵庫県立粒子線医療センターで行われ、
その成果に期待が寄せられています。

・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式