脳腫瘍における放射線治療の進め方


脳腫瘍における放射線治療の進め方

脳腫瘍には原発性脳腫瘍と転移性脳腫瘍があり、
ここでは原発性脳腫瘍の
主なものについて説明します。

原発性脳腫瘍は良性のものもありますが、
多くは悪性です。

また、良性とはいっても、
徐々に大きくなるので、
放置すれば周囲の組織を圧迫して
死に至る場合もあります。

原発性脳腫瘍は手術による切除が基本ですが、
手術で切除しきれない場合も多く、
取り残したがんに対する治療や再発予防のために、
放射線治療は重要な役割を果たしています。

放射線治療は、主に悪性脳腫瘍の全部と
良性腫瘍の一部に対して行なわれます。

多くの場合、手術と併用されますが、
単独または化学療法と併用して
行なわれることも少なくありません。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式