脳腫瘍の放射線治療と抗がん剤の併用療法


脳腫瘍の放射線治療と抗がん剤の併用療法

脳腫瘍では手術後に、
化学放射線療法が行なわれることがあります。

抗がん剤としては、これまでニムスチンなど
ニトロソウレア系の薬が中心でしたが、
最近、テモゾロミドという薬が登場し注目されています。

まだ承認されて日が浅いものの、
テモゾロミドの有効性を示す
報告がいくつも出されています。

術後療法として放射線治療と
テモゾロミドを併用した化学放射線療法を行なうことで、
放射線治療単独よりも
生存期間の延長が期待できるといわれています。

今後、テモゾロミドが、
脳腫瘍に対する化学療法の中心になると
予想されています。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式