脳腫瘍の放射線治療の効果と治療成績は?


脳腫瘍の放射線治療の効果と治療成績は?

脳腫瘍では放射線治療の有用性が
認められているものの、
悪性神経芽腫の場合は治癒が見込める確率が
低いのが実情です。

悪性度の高い場合では1年生存率50%、
2年生存率10~20%、
5年生存率5%となっています。

退形成性星細胞腫は治療成績がやや高くなり、
1年・2年・5年の生存率が、
それぞれ70%、40~50%、20%となります。

退形成性乏突起芽腫では
80~90%、60~70%、40~50%と
なっています。

低悪性度の治療成績は比較的良好で、
5年生存率がびまん性星細胞腫で50~60%、
乏突起芽腫が70%となっています。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式