悪性リンパ腫の放射線治療と抗がん剤の併用療法


悪性リンパ腫の放射線治療と抗がん剤の併用療法

非ホジキンリンパ腫の化学放射線療法では、
CHOP療法
(ドキソルビシン+シクロホスファミド+
ピンクリスチン+プレドニゾロン)が主流でした。

ただ近年は、これにリツキシマブを加えた
RICHOP療法のほうが、
より効果の高いことがわかり、
CHOP療法に代わりつつあります。

ホジキンリンパ腫に対しては、
ABVD療法(ドキソルビシン+ブレオマイシン+
ピンプラスチン+ダカルパジン)が
標準治療として確立されています。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式