悪性リンパ腫の放射線治療の副作用


悪性リンパ腫の放射線治療の副作用

副作用は、照射部位によって異なります。

早い時期に起こるものとしては、
頭部に照射した場合は頭痛や吐き気、
耳痛などが、頚部の場合では、
味覚障害、口内炎などがあります。

また、胸部ではせきやたんの増加、
嚥下障害、発熱など、腹部では下痢や血便、
胃の痛み、食欲不振などが起きることがあります。

下痢や血便は、
骨盤部への照射でも起こることがあります。

化学療法を併用した場合には、
骨髄抑制や肺炎が
起こりやすくなるので注意が必要です。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式