骨髄腫の放射線治療について


骨髄腫の放射線治療について

骨髄腫には、全身に発生する
多発性骨髄腫と単発性の孤立性形質細胞腫、
血液中に腫瘍細胞ができる
形質細胞性白血病の三つがあります。

多発性骨髄腫の治療はメルファランや
シクロホスファミドなどの
化学療法が中心になります。

放射線治療は、まれに根治を目的とした
骨髄移植の前処置として
全身照射が行なわれることもありますが、
多くはがん性疼痛の緩和や骨折予防などを
目的とした緩和的照射として利用されます。

一方、孤立性形質細胞腫は、
放射線治療がよく効き、
高い局所制御率が得られるため、
根治を目的とした放射線治療が行なわれます。


・・・


「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式