白血病の放射線治療について


白血病の放射線治療について

白血病に対する放射線治療は、
骨髄移植の前処置として
行なわれる全身照射が大部分です。

急性・慢性のいずれの白血病も対象となり、
シクロホスファミドなどの抗がん剤と併用されます。

全身照射の目的は、白血病細胞の死滅と、
患者さんのリンパ球の不活性化による
拒絶反応の抑制の二つです。

抗がん剤だけで
これを行なうこともありますが、
放射線治療には、大部分の抗がん剤と
交叉耐性がないこと、
全身のどの部位でも対象となること、
危険臓器を避けて照射できることなど、
抗がん剤にはない特徴があります


・・・


「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式