皮膚がん(メラノーマ)の放射線治療について


皮膚がん(メラノーマ)の放射線治療について

メラノーマは早い時期から転移が起こりやすく、
また放射線感受性も低いのが特徴です。

そのため1~3期は手術による切除が基本で、
原発層に対する放射線治療はまれです。

放射線治療が行なわれるのは4期で
手術ができない場合、
あるいは骨や脳に転移した場合の
緩和的照射が中心で、
一部の病院でリンパ節転移に対する
術後照射や予防的照射が行なわれることもあります。

ただし、目にできたメラノーマは
手術で切除するわけにいかないため、
病気を問わず放射線治療が行なわれます。


・・・


「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式