有棘細胞がん・基底細胞がんの放射線治療について


有棘細胞がん・基底細胞がんの放射線治療について

これらの皮膚がんは放射線感受性が高く、
放射線治療は手術と同等の治療成績をあげています。

一般には手術が選択されることが多いようですが、
鼻や耳などにできたがんには、
機能や形態の温存性にすぐれた放射線治療が選択されます。

1~2期には、根治的治療として、
電子線またはX線を照射します。

ただし、2期でもがんが大きい場合や
3期のがんでは手術が第一選択肢となり、
がんを取り切れなかったときに術後照射が行なわれます。

合併症などのために手術ができない場合には、
根治をめざして放射線治療が行なわれます。

4期のがんに対しては、悪性黒色腫と同じく、
緩和的照射として、放射線治療が行なわれます。


・・・


「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式