放射線が効きやすい陰茎がんと睾丸(精巣)がん


放射線が効きやすい陰茎がんと睾丸(精巣)がん

陰茎がん、睾丸(精巣)がんは放射線がよく効くがんです。

陰茎がんは、早期のがんなら切らずに、
放射線をかけるだけで治ることがあります。

副作用もあまりありません。

睾丸(精巣)がんでは、多くの場合、
がん化した睾丸を摘出したあと、
抗がん剤を投与するか、放射線をかけます。

放射線は骨盤とおなか全体にかけるので、
めまいなどの放射線宿酔がおこりやすく、
下痢や食欲不振などの胃腸症状も現れます。

が、やはり、いずれもすぐに症状はおさまるので、
心配には及びません。

ただし、睾丸がんでは睾丸(精巣)に大量の
放射線をかけることとなるため、
残念ながら治療後に子どもをつくれなくなる
可能性があります。

よく医師の説明を聞いてから判断しましょう。


・・・

どうすれば、がんは治せるのか!?

標準治療(手術・抗がん剤・放射線)に耐え、
代替療法を受ければ・・・

本当にがんは治せる?

詳しくはこちらのページで

がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式