食道がんの放射線治療について


食道がんの放射線治療について

食道がんの治療は、これまで手術が基本とされ、
放射線治療は手術ができないほど
進行した患者さんが対象とされてきました。

しかし、放射線感受性が比較的高いこと、
化学療法と併用することで手術に匹敵する
治療成績が得られることなどにより、
近年は、手術可能な人に対しても、
化学放射線療法(抗がん剤+放射線治療)が
選択されるケースが増えています

食道がんに対する放射線治療は、
根治的照射と緩和的照射があります。

根治的照射は、主に早期がんが対象となりますが、

がんが気管や大動脈にまで浸潤して手術できない人、
手術が可能でも手術を望まない人など、
すべての病期で根治的照射が行なわれます。

なかには手術が不可能なほど進行している人でも、
化学放射線療法で完治するケースがあります。

緩和的照射は、がんのために食道の内腔が
狭くなり食事がとれない場合など、
遠隔転移があって根治不能な人に行なわれます。

根治的照射では、外部照射と腔内照射が、
単独または併用で用いられます。

がんが浅い部分(粘膜層)にとどまっている場合には、
腔内照射だけで根治可能なケースもあります。

しかし、それよりも深い部分にまで達している場合には、
リンパ節転移を予防するために、
腔内照射の前に外部照射を行ないます。

早期がんに対して、
外部照射だけで根治をめざす場合もあります。

なお、早期のがんに対しては、
内視鏡的切除術(EMR)が第一選択肢となりますが、
EMRを行なうには、
がんの最大径が2cm以下、広がりが食道全周の
三分の一以下であることが必要です。

それ以上の場合には、放射線治療の対象になります


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式