非小細胞肺がんの放射線治療の副作用


非小細胞肺がんの放射線治療の副作用

食道炎や肺炎、全身倦怠感、食欲不振、
皮膚炎などがみられます。

抗がん剤と放射線治療とを合わせた
化学放射線療法では、
副作用が強くなりがちなので注意しましょう。

肺炎は照射範囲内におさまっている場合は
重症化することは少ないのですが、
照射範囲よりも外に広がっている場合には
重症化しやすくなります。

またパクリタキセルや
ドセキタキセルを併用した場合には、
心障害が起こりやすくなります。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式