小細胞肺がんの放射線治療について


小細胞肺がんの放射線治療について

小細胞肺がんは進行が早く
がんが見つかったときには、
リンパ節転移や遠隔転移を起こしていることが
多いのが特徴です。

そのため手術で切除できるケースが少なく、
また放射線や抗がん剤が効きやすいことから、
放射線治療と化学療法、
とくに両者の併用が標準的な治療法となっています。

なお、小細胞肺がんは、がんが片側の肺と
周辺のリンパ節にとどまっている限局型と、
肺の外にまで広がり遠隔転移を起こしている
進展型に大別されます。

根治的照射の対象となるのは、限局型の場合です。

ただし、進展型でも、遠隔転移したがんが
化学療法で消失した場合には、
原発巣に対して根治的照射が行なわれることがあります。

また、小細胞肺がんは脳に転移しやすいため、
原発巣の治療が終わったあとで、
転移を防ぐための予防的全脳照射が
行なわれることがあります。

予防的全脳照射は、たんに脳に転移する
確率を下げるだけでなく、
生存率も向上させることがわかっています。

このため放射線治療でがんが消失、
または大幅に縮小した場合には、
予防的全脳照射を行なうことが標準的治療となっています。

そのほか、呼吸困難など、がんの増大による
症状の緩和のためにも、放射線治療が行なわれます。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式