小細胞肺がんの放射線治療の副作用


小細胞肺がんの放射線治療の副作用

主な副作用としては、
食道炎や肺炎、骨髄抑制などがあります。

強力な化学療法と併用するため、
早い時期から重症化することが
少なくないので注意が必要です。

そのほか、食欲不振や全身倦怠感、
吐き気・嘔吐などがみられることもあります。

晩期の副作用では、
放射線脊髄症に注意が必要です。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式