乳がんの放射線治療について


乳がんの放射線治療について

がんのなかでも、
放射線治療が大きな役割を果たしているのが
乳がんです。

以前はほとんどの患者さんに対して、
乳房を切除する乳房全摘手術が行なわれていました。

しかし、現在では放射線治療と手術を
組み合わせた乳房温存療法が主体となり、
できるだけ切除範囲を小さくする方向に向かっています。

治療成績も良好で、進行がんの患者さんを含めても
5年生存率は75~80%と、
数多いがんのなかでも上位に位置しています。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式