乳がんの放射線治療と抗がん剤の併用療法


乳がんの放射線治療と抗がん剤の併用療法

リンパ節転移があったり、
検査で悪性度が高いがんであることが
わかった場合には、
術後照射に化学療法が併用されます。

放射娘治療と化学療法のどちらを先に行なうか、
または同時に行なうかについては、
まだ明確な結論は出ていません。

ただ、適切な化学療法が行なわれれば、
放射線治療の開始が半年程度遅れても
治療成績にはさほど影響しないという
考えが一般的で、
化学療法を行なってから放射線治療を行なう
ケースが多いようです。

両者を同時に行なう場合は副作用のリスクが高くなり、
とくにアントラサイクリン系の
抗がん剤との併用には注意が必要になります。

なお、がんが乳房温存手術の対象よりも大きい場合に、
術前照射の代わりに
化学療法が行なわれることもあります。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式