乳がんの放射線治療の副作用


乳がんの放射線治療の副作用

急性期の副作用で最も多いのは
放射線皮膚炎ですが、
その90%以上は軽度なもので、
ステロイド剤の軟膏や炎症部の冷却で泊ります。

放射線肺炎も急性期によくみられますが、
ほとんどが検査で肺炎とわかるだけで、
実際にせきなどの症状が出ることはまれです。

ただし、まれに治療後数か月たってから、
せきなどがみられることがあり、
その場合は重症化しやすいので注意が必要です。

そのほかの晩期の副作用としては、
照射部位の色素沈着、
発汗低下などがあげられます


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式