直腸がんの放射線治療の副作用


直腸がんの放射線治療の副作用

早期の副作用では、
下痢や吐き気、膀胱炎、
肛門痛などがよくみられます。

いずれも時間がたつにつれて
自然に治ることが多いのですが、
フルオロウラシルと併用した場合に、
まれに重度の下痢が起こることがあります


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式