肛門がんの放射線治療について


肛門がんの放射線治療について

肛門の入り口から約3cmにわたる
管状の部分(旺門管)に生じるがんを総称して、
肛門がんといいます。

がんのタイプはさまざまですが、
大部分は扇平上皮がんで、
放射線が効きやすいがんの一つです。

がんの大きさが2cm以下であれば、
放射線治療単独で治癒が可能です。

それ以上の大きさの場合には、
化学放射線療法が行なわれます。

以前は手術による治療が中心でしたが、
その場合、がんが肛門括約筋まで
浸潤していると人工肛門が避けられません。

一方、これまでの研究により化学放射線療法は、
手術と同等の効果が期待できることがわかっています。

そのため現在では、(生活の質)を重視し、
まず化学放射線療法を行ない、
がんが完全に消失しなかった場合や再発した場合に、
手術で対処するという方法が
一般的になっています。

がんが完全に消失した場合は、
当然、人工肛門の必要はありません。

また、がんが残った場合でも、
がんが小さければ人工肛門を
造設せずにすむ可能性があります


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式