肛門がんにおける放射線治療の方法と進め方


肛門がんにおける放射線治療の方法と進め方

総線量45~60グレイを、
1回当たり1.8~2グレイに分けて
照射するのが標準的です。

前後対向二門照射で、
鼠径部を含めた全骨盤照射を行なうのが一般的で、
治療の途中からは股関節や大腿骨頭部への
線量を減らすように工夫します。

なお、化学放射線療法で使われる抗がん剤は、
フルオロウラシルと
マイトマイシンCの併用が基本です。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式