肝臓がんにおける放射線治療の方法と進め方


肝臓がんにおける放射線治療の方法と進め方

肝臓は放射線に弱い臓器なので、
正常な部分の機能を維持し、
なおかつがんに十分な総量を
照射できるように注意します。

腎臓や胃、十二指腸、脊髄などの
周辺臓器への線量にも注意が必要です。

また、呼吸によって肝臓が動くため、
できれば呼吸に応じた照射を行ない、
それができない場合には、
呼吸による移動量を見越して照射範囲を広くとります。

・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式