肝臓がん放射線治療の照射法


肝臓がん放射線治療の照射法

がんのある場所に応じて、
一門照射や直交二門照射、
斜入対向二門照射などが用いられます。

定位放射線治療では、五門以上の多門照射で、
多方向からがんをたたきます。

がんに放射線を集中して、
正常臓器への線量を減らすためには、
できるだけ多方向から照射するのが原則です。

しかし、肝臓がんでは、肝臓自体が
最大のリスク臓器なので、
たんに正常組織への線量を低くするだけでなく、
放射線が当たる部分をできるだけ
少なくしなければなりません。

そのため照射方向を増やすよりも、
一~二方向から照射するほうが
よいケースが少なくありません。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式