肝臓がんの粒子線治療


肝臓がんの粒子線治療

肝臓がんに対しては、
陽子線や重粒子線による治療がよい成績をあげています。

治療対象となるのは、
主にがんの個数が少なく(三個以下)、
消化管から離れていて、肝臓以外にがんがなく、
肝機能がある程度保たれている場合です。

ただし、がんの数については、
一定の照射範囲に収まる場合には、
いくつあっても治療が可能です。

照射線量や照射回数などは、
患者さんによって、また施設によって異なりますが、
基本的には通常の放射線治療よりも
一回の線量が多く、
照射回数は少なくてすみます。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式