肝臓がんの放射線治療の効果と治療成績は?


肝臓がんの放射線治療の効果と治療成績は?

腫瘍栓に対する放射線治療の奏効率は
約85%で、腫瘍栓のある患者さんの
予後を大きく改善しました。

また肝臓そのものにあるがんに対しては、
IVRと併用で60~70%の奏効率が期待できます。

陽子線治療や粒子線治療では
局所制御率が約90%と高く、
肝機能がある程度維持されている患者さんでは、
5年生存率も50~60%と、
手術とほぼ同等の成績をおさめています。

ただし、生存率はがんの数や
肝機能の状態によって左右され、
とくに肝機能の状態が悪い場合は成績が
大きく低下します。

また、副作用の心配も少なく、
肝機能が低下している人でも
重篤な肝障害などはみられません。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式