すい臓がんにおける放射線治療の方法と進め方


すい臓がんにおける放射線治療の方法と進め方

すい臓がんの局所進行がんに対する
総線量の目安は50グレイ前後です。

ただし、実際には周辺臓器の
耐容線量により制限されるので、
50グレイ以下になることも少なくありません。

照射スケジュールは、
1回1.8~2グレイの通常分割照射が標準的です。

照射法としては、二門照射では周辺臓器への
線量が多くなるため、
三~四門の固定照射が一般的です。

なお、正常な臓器への線量を抑えるため、
腎臓は20グレイに達する前、
脊髄は45グレイに達する前に、
照射範囲からはずすようにします。


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式