すい臓がんにおける粒子線治療


すい臓がんにおける放射線治療の方法と進め方

すい臓がんに対する放射線治療が
難しい理由の一つに、
X線が効きにくい腺がんであることがあげられます。

そこで期待されているのが、
組織型を問わず効果が期待できる粒子線治療です。

現在、放射線医学総合研究所の
重粒子医科学センター病院では、
切除可能なすい臓がんに対する重粒子線による術前照射、
および切除不能な局所進行がんに対する
重粒子線単独治療が行なわれています。

術前照射は週4回で2週間、
重粒子線単独治療は、
週4回で3週間の治療が行なわれます。

いずれの場合も、肝臓や肺、遠隔リンパ節に
転移がないことが条件になります。

また、兵庫県立粒子線医療センターでは、
陽子線によるすい臓がんの治療を行なっています


・・・

「がんを、どうしたら治せるのか?」

無料レポートをお配りしています。

詳しくはこちら
がんを治すための「たった1つの条件」とは?



----------

がんと闘うためのガイドブック
答えは1つです。お話の続きはこちら

----------





がん治療専門のアドバイザー 本村ユウジ公式